i のあるメール大賞準グランプリ作品

docomo ショップに行ったら「第9回 i のあるメール大賞」の作品集の冊子がおいてあった。
そのなかの準グランプリ受賞作品が気に入ったので紹介しよう。

20代の吉村さんという女性の作品である。

寂しいと言う君へ

愛が無いから寂しいんじゃ無いんだよ。
愛されていなかったら寂しさだって解らないんだよ
愛されていたから寂しさを知ることができたんだよ。
君が寂しいと思ったぶんだけ君は愛されているんだよ。

エピソード
家や学校でも人間関係がうまくいかず、一人部屋で引きこもっていた私に親友が送ってくれたメールです。メールを見て涙が止まりませんでした。甘ったれていた自分に気づくことができました。
親や親友の支えで4月から看護師として働くことができました。支えてくれた皆に感謝しています。

松本侑子さんのコメント
いま、寂しさを感じて、落ち込んでいる人は多いと思います。メールで励ましてくれた友達のまっすぐな言葉、それをしっかり受けとめて立ち直ったこの女性、二人の友情に感動しました。

別になんということない表現のような気もするが、なるほどと思ってしまうことばです。落ち込んだ人を力づけるには最高の言葉のような気もします。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA