ユダや独立戦争と原始教会

 このレポートは1995年度後期の上智大学神学講座の「原始教会の形成と発展」(講師百瀬文晃神父)のレポートとして提出したものである。いまここに必要とされていると思うので再録したい。
 このテーマと同趣旨の内容をラジオ「心のともしび」の原稿として書いたことがあるのだが、この内容はラジオ「心のともしび」にはふさわしくないとされてボツとなったといういきさつがある。
 私にはこの内容はキリスト教会でもあえて触れられていない歴史に思えるのだが、なぜだろうか? 私には謎めいている。
———————————————————————
1995年度後期神学講座 レポート
科目 宗教史「原始教会の形成と発展」 講師 百瀬文晃師
ユダヤ独立戦争と原始教会

1.ユダヤ戦争に新約聖書はなぜ「沈黙」しているのか

 新約聖書のなかで最初に書かれたものはパウロによる「テサロニケ人への第一の手紙」であり、その時期は50年頃であるとされている。そして最後はヨハネ文書で、その時期は100年頃であるという。
 この時期のエルサレムは2度にわたるユダヤ独立戦争にあい、エルサレムは陥落し、廃墟と化した。多くのユダヤ人たちはこの戦争で殺され、奴隷となり、そして離散した。
 しかし、新約聖書はこの戦争についての記述が全くない。それはいったいなぜなのか、この戦争に対してキリスト教徒(まだこの時はキリスト教徒ではなく「ナザレ派のユダヤ教徒」)はどのような態度をとったのか、そしてこの戦争が原始教会の形成と発展にどのような影響を与えたのか、このテーマを考えることは「戦争と平和」にたいするキリスト教徒の態度を考えるためにも、そして「原始教会の形成」と福音書の内容を考えるためにも重要な示唆を与えるのではないかと思う。

エルサレム陥落と原始教会

 50年頃にエルサレムで開かれた使徒会議は、ユダヤ人キリスト教徒と異邦人キリスト教徒対立を示した。律法の遵守を異邦人にも求めようとするユダヤ人キリスト教徒と、割礼や律法からの自由を標榜するパウロやバルナバらの異邦人キリスト教徒との対立は、ペトロの調停で妥協点が見出され、ここでは決定的な分裂はもたらされなかった。
 しかし、エルサレムを拠点としていたユダヤ人キリスト教徒たちは高まるユダヤ独立運動に否応なく巻き込まれ、その求心力は急速に衰えていく。エルサレム教団のリーダーだった「主の兄弟」ヤコブはユダヤ的狂信の犠牲となって殉教し、そして第一次ユダヤ戦争でエルサレムが占領されるとともにエルサレムのユダヤ人教会も解体を余儀なくされる。 教会の中心はシリアのアンティオキアの異邦人キリスト教徒の教会へと移行していく。パウロは地中海沿岸のディアスポラのユダヤ人や異邦人たちを対象とした宣教に力を注ぐ。
 彼の信仰は全く民族意識にとらわれずにキリストの福音の純粋な内的信仰にのみ依拠した世界主義的な脱ユダヤ人のキリスト教へと脱皮していく。

David Robertsによる第一次ユダヤ独立戦争(作:1850年)

3.ユダヤ人キリスト教徒の態度

 第一次ユダヤ独立戦争において、ユダヤ人キリスト教徒はどのような態度をとったのであろうか。
 4世紀に書かれたエウゼビオスの「教会史」ならびに5世紀のエピファニオスの「異端反論」によると、エルサレム教団は「戦いに先立って」ヨルダン川の東にあるペラという町に脱出し、エルサレムの陥落は「すべての」キリスト教徒が立ち去った後におこった、とされている。つまり、戦いには加わらなかったというのである。
 ハンス・キュンクもその著「教会論」のおいてそのような立場をとる。「パレスチナのキリスト教徒は、ローマに対する反乱には参加しなかった。そのため民族の裏切り者とみなされ、迫害されたので、彼らはヨルダン川の東の地域に逃れ、シリアとアラビアの境に当たる地方にキリスト教信仰を広めることになった」(「教会論 上」石脇・里野訳 新教出版社 P178)ただキュンクによればペラへ逃れたのは戦いを避けたのではなく、迫害を避けたからということになる。

4.マタイ福音の立場

 「祖国のために戦わずに、祖国から逃げ出した」ということの非難を一身に受けてそれに反論をしているのはマタイである。マタイは廃墟と化したエルサレムで武器を取って戦わなかったことがイエスの教えに忠実であることを示そうとした。
 マタイの福音書の24章16節に「荒廃をもたらす憎むべきものが、聖なる場所に立つのをみたならば、そのときユダヤにいる人は山に逃げよ」というイエスの言葉がある。その「主の戒めをよく守って、キリスト教徒は嵐の最初の遠鳴を聴いてヨルダン川の向こう岸のペラに逃げてしまった」(「教会史」ロルツ著 P51)という。
 そういわれてみると、マタイ福音書には「平和」と「迫害」に関する記述が多い。
 あのマタイの「山上の垂訓」はルカの平地の説教との間に際だった違いがある。ルカが「貧しい人は幸い」といっているのに対して、マタイは「心の貧しい人」といい、「飢える人は幸い」というルカに対し、マタイは「義に飢え渇く人」という。マタイの方が精神的な「貧しさ」や「飢え」を問題にする。さらに、マタイには「平和をもたらすものは幸い」「迫害を受けるものは幸い」というルカにない句がある。
 また、「汝の敵を愛し、自分を迫害するもののために祈りなさい」(5章44節)や「剣をさやに納めなさい。剣をとるものは皆剣で滅びる」(26章52節)というようなイエスの言葉が目立つ。
 これらのマタイの記述は、ユダヤ教徒からの批判にイエスの言葉に忠実に生きたということをもって応えようとしているように思える。マタイの平和主義はそのようなユダヤ教徒の批判に対してユダヤ人キリスト教徒の精いっぱいの反論であるだろう。

5.ペラ移動説への疑問

 このユダヤ人キリスト教徒の「ペラ移動説」には疑問も多い。「キリスト教史1」(半田元男著 山川出版社)によれば、「これは何とも奇妙な話し」になる。
 第一にユダヤ人が戦いへの激しい決意に燃えていたエルサレムから、ローマ軍の厚い包囲網を突破して脱出することの困難さをあげている。第二になぜペラという土地を選んだのか、この事情も理解できないという。ペラにはエルサレムから脱出したキリスト教徒よりもガリラヤから避難してきたキリスト教徒がいたのではないかと推測している。
 それでは、エルサレム教団はいったいどうなったのか。「キリスト教史1」では一部エジプトへ脱出したものがあるが、大部分はエルサレムに集結し、同胞ユダヤ人たちとともに戦って玉砕したのではないかと述べる。
 その根拠として、「キリスト教側文書の完全な沈黙」をあげる。異邦人対象に書かれたキリスト教文書にエルサレムでユダヤ人キリスト教徒たちが玉砕したということは「まことに扱いにくい厄介な問題」となり、これは「完全な沈黙に消し去らなくてはならなかった」というのである。

6.ユダヤ教との完全な決別

 エウセビオスの「教会史」によると、エルサレム陥落後のユダヤ人キリスト教徒はなおもそこに残存し、「主の兄弟ヤコブ」の後継者として、イエスのいとこに当たるクロパスの子シメオンを選び、以後15人の主教がそこにいたということになっている。確かにペラや近郊に脱出したキリスト教徒のうち一部はパレスチナに戻り、教会を再建したというのは考えられるが、15人の主教がなおもエルサレムにとどまるというのは「後のエルサレム教会をキリスト教の母教会と思う心情が生み出した伝説」(「新約聖書-私のアングル」速水敏彦著 聖公会出版 p268)であり、事実とは違うのではないかと思う。
 一方ユダヤ人たちは、エルサレムを脱出したパリサイ派のヨハナン・ベン・ザッカイに率いられ、ヤムニアに律法学院を作る。この学院が作った「18の祈願」のなかに「裏切り者の滅びの祈願」があり、「ナザレ派キリスト教徒への呪いの言葉」が祈りとして唱えられるようになる。ユダヤ人のキリスト教徒が裏切ったことへの憎しみの強さがかえってユダヤ人キリスト教徒が戦わずに逃げ出したということを物語っているのかもしれない。この「祈願」が採用されるのは85年頃といわれる。
 この「異端者への呪い」は各地のユダヤ教のシナゴーグに伝えられ、これによって完全にキリスト教徒は会堂から追放される。パリサイ派のヤムニアのユダヤ教とキリスト教徒との対立を強く意識したのはヨハネ福音書である。ヨハネ文書にはこの「会堂追放」ということが3カ所現れる。ヨハネはこのヤムニアのユダヤ教への批判に応える形で生み出された弁証の所産であるということは、マタイ福音書と同質の背景をもっていることとして大変興味深い。ただマタイとヨハネの現れ方はかなり異なっている。マタイがユダヤ人ということに固執しているのに対し、ヨハネにはもうユダヤ人への執着は全くないといってもいいだろう。
 ユダヤ教徒の決別にとどめを刺す事件が第二次ユダヤ戦争、いわゆるバル・コクバの反乱である。これが135年に鎮圧されて、エルサレム教会の信徒たちは他のユダヤ人と同様に再びエルサレムには入れなくなり、アンティオキアやヘレニズム世界の諸教会に吸収されていき、エルサレム教団は消滅していく。キリスト教はユダヤ社会と決別し、世界宗教になる。

                              7.終わりに

 このテーマを研究するねらいは、なぜ新約聖書がユダヤ独立戦争に対して「完全な沈黙」を保っていたのかということであった。この疑問は解けなかった、というよりますます膨らんでいる。とくにパウロをはじめとするヘレニストキリスト教徒が何も触れていないことが奇妙である。
 ローマに対する不必要な刺激を避けていたのかもしれないことは容易に推測されることであるが、それにしてもマタイやヨハネの立場とずいぶんと異なっている。
 ペラに脱出したかどうかということはともかく、おそらくエルサレム教団はこの独立戦争に武器を持って戦わなかったのではないかと思う。マタイ福音の平和主義をみても、ユダヤ教徒のキリスト教徒に対する「裏切りの呪い」の強さからみても、そう判断される。
 特にマタイの平和主義の主張はマタイのおかれた歴史的背景の中で読んでいくと、とても興味深いものがある。エルサレム教団がユダヤ独立戦争で武器を取らずにエルサレムを抜け出したことは、イエスの示した平和主義に「忠実に生きた」こととしてもっと積極的に評価していいのではないかと思う。 
  

このブログのトップへ   

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「?が!に変わるとき」小国綾子著を読んだ

 鶴見図書館に「?が!に変わるとき」(小国綾子著 汐文社刊2014年刊)という本があったので借りて読んだ。著者は毎日新聞の記者。私は毎日新聞を購読しているのでこの記者のコラムをよく読んで切り抜くことが多い。毎日の女性記者たちが書くコラムはいつも楽しみにしていてでていると必ず読んでしまう。
 それとこのタイトルがいい。疑問符が感嘆符に変わるときというのは新聞記者の仕事そのものだという。

このブログのトップへ

 子どものころは、回り道や迷い道が怖かった.でも今は違う。迷うのは自分で選ぼうとしている証拠。自分の頭で考えている人だけが得られる「勲章」みたいなものだ。そしてどうしても迷ってしまったときは、<やったことのない方を選ぶ>と決めている。

できることでできないこともある。できないことでできることもある。

 この新聞記者は子どもを授かって育児休暇中に、生後6カ月の息子を連れてスペインに3週間の旅に出かけた。こどもに「あんたは最高の旅の相棒だよ」というくらいにいい旅だったという。

 このたびは「赤ちゃんがいるけどできる旅」なんかじゃない。息子がいてくれるから出会える人、出会える光景がある。「赤ちゃんがいるからできる旅」なんだ。

 すべての人生の体験は、できたという体験も、できなかったという体験も同じくらい、記事を書くことにいかすことができる。できることとできないことには、同じくらい意味がある。どんな悲しい経験も、情けない失敗も、悔やんでも悔やみきれない過去も、記事を書くときには道を示す羅針盤となってくれる。それが新聞記者、という仕事だ。

 同じく新聞記者の夫がアメリカ駐在員になったときに、著者は新聞社を辞めて夫と子どもを連れてアメリカの生活をした。新聞社は辞めたけれど新聞記者の仕事はやめなかった。

 知れば知るほど書けなくなるなら、なにも知らない今がチャンスなのかも。
 知らないからこそ、書けることだってあるんじゃないの?
 書きながらこの国を知っていけばいいんじゃないの?
 今、思えば向こう見ずな結論だ。それでも、私は即決で週刊誌連載の話を受けた。
 連載するにあたって、最初に決めたことがある。それは「専門家を目指さない」ということ、「知らないことは知らない、と正直に書く」ということ。

 できるだけ遠くの人に言葉を届けたい―――。
 ………………
 似た考えの人に言葉を届けたいんじゃない。内輪で盛り上がるだけじゃ嫌だ。もっと遠くにいる、手の届かないところにいる、考えの違う誰かに、読んでもらえるようなものを書きたい。批判されてもいい。「賛成」や「反対」に簡単に色分けできるものではなく、対話のきっかけになるような、お互いに歩み寄るための橋を架けられるような、そんな言葉を届けたい。

 この本には著者の新聞記者としてのこれまでの生き方がよくわかってとてもおもしろかった。巻末に著者のFBのアドレスが載っていたので、思わず友だちリクエストをしてしまった。

カテゴリー: Goodnews | コメントする

紙皿回し

【遊び方】紙皿を2枚貼り合わせたものに紙コップの底を取り付け、ヒゴでコップの底を引っかけてまわす。

【材料】紙皿2まい、紙コップ、30cmのヒゴ、両面テープ、ビニールテープ
【道具】はさみ、カッターナイフ
【作り方】
1.紙皿2枚を両面テープとビニールテープで貼り合わせる。
2.紙皿の表と裏にカラーシールや折り紙などで飾りつける。
3.紙コップの底をハサミとカッターを使って糸底をつくる。
4.それを紙皿に貼り付けて完成。



【応用】どういうふうにしたらうまく回せるようになるかいろいろと試しながら作ってみよう
『紙皿を変える』
1.紙皿ではなくアルミ皿を使ってみる
2.紙皿も丸いのだけでなくて四角のものや大きいものを使ってみる。
3.紙皿の張り方を重ね合わせだけでなく、腹合わせにしたり、背中合わせにしたりする
4.紙コップの底を紙皿の裏だけでなく表に貼ってみる。
5.貼り合わせる枚数を変えてみる。
『回し棒を変える』
1.長さを変えてみる 1mの棒、割り箸、えんぴつ、
2.棒の先はとがらせるか、丸くするか、まっすぐに切るか
3.棒はしなるようなやわらかいものがいいか、木、竹ひご、針金
『糸底を変える』
1.糸底を紙コップの底を1cmくらい高くする
2.紙コップの大きさを変えてみる
3.ペットボトルのキャップ、ペットノリのキャップ、カップラーメンのカップなどいろいろなもので作ってみる。
4.プラコップを使ってみる。
5.プリンケース、お豆腐のケースなど四角かったり丸くなくてもできるだろうか?
6.糸底を切らずに紙コップをそのまま貼っても回せるだろうか?
7.紙皿をはらずにプラコップやプリンケース、お豆腐ケースだけで回してみる。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「マリアのLet It Be」を「ウェブマガジンAMOR」に掲載しました。

中学3年生女子とマリアについて考える授業の冒頭は、ビートルズの「Let It Be」を聴くことから始める。
このことを「ウェブマガジンAMOR」で紹介し、また同じ趣旨の文章を「心のともしび」にも投稿した。

これまでわたしのFacebook やBlog Good News Collection には紹介してこなかったけれど、実は2016年11月より、私は「ウェブマガジンAMOR」の編集に関わっている。
このウェブマガジンは、キリスト教について知りたいという人のために作られている。キリスト教の信仰をもつかどうかにかかわらない。私たちとしてはクリスチャンでないひとに読んでほしいと願って、できるだけやさしくわかりやすく、キリスト教の中でだけ通じるような表現を避け、宗教くさくなく作るように心がけている。

私はこのウェブマガジンで「聖書を百倍おもしろく読む法」というシリーズを連載している。毎月1点ずつ更新するようにつとめてきてそろそろ10回目となる。このシリーズは、カトリック学校で生徒と一緒に聖書を読んできた体験をもとにして、生徒をいかにして眠らせず、こちらに引きつけるかという試行錯誤いや悪戦苦闘の成果である。

とにかくぜひ定期購読してほしい。申し込みはこちらから

カテゴリー: Goodnews | コメントする

この前の日曜日の「聖書と典礼」を読んで気がつきませんでしたか?

この前の日曜日(5月21日)はカトリック教会では「世界広報の日」でした。
私たち SIGNIS Japan はこの日の近辺に「日本カトリック映画賞上映会授賞式」を行うことにしています。
今年は5月20日{土)に中野ゼロ大ホールでこの上映会を行い、1100名弱の方が映画を見に来られました。
今回の受賞作品は片淵須直監督「この世界の片隅に」でした。

で、翌日のミサに行かれた方も多かったことと思います。
私の教会では横浜司教が来られて、堅信式が行われ、17名が受堅されました。
そのミサの「聖書と典礼」を読んで何か気がつきませんでしたか?

私はミサの後の堅信式パーティのときに、何人かにこの問いかけをしました。
半数は「え、気がつかなかった。なになに?」と聞いてきましたが、残りの半数は「読んだよ。なかなかいいことが書いてあった」と言ってくれました。
そうなんです。

5月21日復活後の第六の主日の「聖書と典礼」に「現代に希望と信頼を伝える −「世界広報の日」にあたって」という記事の原稿を書いたのです。

私の元同僚であった社会科のY先生は、ケイタイメールで次のようなメッセージをおくってきました。

「文庫教会のミサの帰りです 聖書と典礼に土屋先生のメッセージを発見し我が意を得たりと感じました 帰宅したら保護者宗研で配布したプリント送ります Good News満載です」

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews | コメントする

おもしろ科学「ふしぎな絵」があります

日時 4月15日(土)13:30〜16:00

会場 神奈川地区センター

テーマ ふしぎな絵

ふしぎな絵

「ふしぎな絵」動画

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews | コメントする

ラトビアの十得

常に、正しい行いをしましょう。

隣の人となかよくしましょう。

自らの知識や能力を社会のために
惜しみなく差し出しましょう。

まじめに楽しく働きましょう。

それぞれの役割を果たしましょう。

向上心を忘れずに、自らを
洗練させましょう。

家族や隣人、故郷、自然など
衣食住すべてに感謝しましょう。

どんな状況に陥っても朗らかに
明るく受け止めましょう。

ケチケチせず、
気前よくふるまいましょう。

相手の立場に立って寄り添いながら
生きていきましょう。

「ラトビアの十得」というのだそうである。2017年1月29日の毎日新聞日曜版の「日曜日ですよ! 小川糸」という記事で紹介されていた。何ということのない教訓という感じであるが、この教えでは「〜してはいけない」というのではなく「〜しましょう」とポジティブなのである。「人間の本来持って生まれた正しさというものを信じている点がとても素敵だと思う」と小川さんも書いていた。

 

<a href=”http://goodnewscollection.net/”>このブログのトップへ</a>

カテゴリー: Goodnews | コメントする

自分の幸せとだれかの幸せ

毎日新聞の日曜クラブで連載中の小川糸さんの「日曜日ですよ!」にこんな祈りが紹介されていた。小川さんは寝る前や朝起きたときにこの祈りをするという。この人は特別に宗教をもっている人ではないようである。

自分の幸せと誰かの幸せ

毎晩寝る前や、朝起きた時など、布団に横たわったまま、瞑想するようにしている。
同じ言葉を唱えるのだ。

私が幸せでありますように。
私の悩みや苦しみがなくなりますように。
私の願い事が叶いますように。
私に悟りの心が現れますように。

私の親しい人たちが幸せでありますように。
私の親しい人たちの悩みや苦しみがなくなりますように。
私の親しい人たちの願い事が叶いますように。
私の親しい人たちが悟りの心が現れますように。

生きとしいけるものが幸せでありますように。
生きとしいけるものの悩みや苦しみがなくなりますように。
生きとしいけるものの願い事が叶いますように。
生きとしいけるものに悟りの心が現れますように。

私の嫌いな人たちも幸せでありますように。
私の嫌いな人たちの悩みや苦しみがなくなりますように。
私の嫌いな人たちの願い事が叶いますように。
私の嫌いな人たちに悟りの心が現れますように。

私を嫌っている人たちも幸せでありますように。
私を嫌っている人たちの悩みや苦しみがなくなりますように。
私を嫌っている人たちの願い事が叶いますように。
私を嫌っている人たちに悟りの心が現れますように。

そして最後にもう一度、
生きとしいけるものが幸せでありますように
で終わる。

 これはスリランカの仏教のお坊さんが提唱している祈りであるらしい。
 そうしたら1月22日の毎日新聞の投書欄にこの祈りに共鳴した主婦の方の投書が載っていた。

 寝る前や朝起きたときなど瞑想をするようにしていて、自分の幸せをまず願い、それから親しい人たちや生きとし生けるものの幸せを願い、さらには自分の嫌いな人たちや自分を嫌っている人たちの幸せを願うと書かれていました。これを読むだけで、とてもうれしい気持ちになれました。
 自分自身が幸せになる延長線上に、誰かの幸せもあるという考え方。私自身は眠れない夜など、とりあえず「ありがとう」と心の中で繰り返し唱えることはあるのですが、自分の嫌いな人や自分を嫌っている人のしあわせをかんがえたことはありませんでした。
小川さんも初めのころは抵抗があったものの、今は何も思わないとのこと。私もそうなるように、この言葉を唱えて瞑想をしたいと思います。

 この祈りは宗教を超えた普遍的な祈りであると思う。祈りは宗教の独占物ではない。宗教を信じていない人ももちろん祈っていいのだと思う。無宗教の人の祈りでも神さまも仏さまも必ず聞き届けてくださるであろう。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews | コメントする

意思決定のためのSWOT分析

 カリタスジャパンが戦略計画策定のためのワークショップでしばしば用いられている手法がSWOT分析である。わたしにはここではじめてきいたことばであり、初体験であり、斬新な手法だと思った。
 ビジョンとか方針などのを個人や組織が意思決定するときに用いられるという。
 つまり、目標を達成するために、次の4つの切り口で分析してみようというのである。

 その4つというのは
● strength 強み:目標達成に貢献する組織(個人)の特質。
● weakness 弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質。
● opportunity 機会:目標達成に貢献する外部の特質。
● threads どのように脅威を取り除く、または脅威から身を守るか?

内部要因としての強さ、弱さであり、外部要因としての機会と脅威である。

 一つのグループは「強み」をあげ、別なグループは「弱み」を上げ、また別なグループは「機会」「脅威」をあげていくというのも悪くはないが、一つのグループでこの4つをあげることもある。

 カリタスジャパンの戦略計画の策定にどのような要因が挙げられたかという所も興味深いが、これは内部資料だから公開できないかもしれない。

 この手法は現在ミッションステートメント策定中の SIGNIS Japan にも十分に適用できるであろう。

 ビジネスの世界では常識のことで、今頃知ったかと言われるかもしれないが。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews | コメントする

地域・福祉・教会 -地域のニーズに応える

 この10月からカリタスジャパン啓発部門の委員に呼ばれた。
 カリタスジャパンというと、カトリック教会の国内外の援助の仕事をしているところと考えられているが、もう一つの活動があってこちらはあまり知られていない。それが「啓発部門」でこれまでの6年間は自殺/自死防止キャンペーンに取り組んできた。
 今年からはどういう所に取り組むかと戦略的計画を策定しているときに、私が呼ばれた。委員のほとんどが私と同じく新しく入れ替えられている。
 私はある明確なビジョンを持っている。私はそのために呼ばれたと思っているくらいである。それは「地域、福祉、教会 ―地域のニーズに応える」というテーマである。2025ショック、つまり2025年には団塊の世代が後期高齢者になる年、人口の3分の1が65歳以上の高齢者になるとき、病院も福祉施設も収容力を超えてしまう年。このとき地域がその受け皿になるしかないときである。
 そのときに備えて、社会は「地域包括医療」「地域包括ケア」が叫ばれているが、カトリック教会ではこの対策を立てているとは思われない。だとしたらこれはカリタスジャパンが取り組むしかないのではないか。
 プロテスタントの教会では数年前から「地域・福祉・教会」というテーマでシンポジウムを何回か企画してきたが、カトリック教会では聴いたことがない。
 そこで、私はカリタスジャパン啓発部会でこれに取り組むべきであると提案している。2回のワークショップと1回の会議を行ったが未だ決まらない。
 ともかく私の提案が通るかどうか、行く末を見守ってほしい。

このブログのトップへ

 

カテゴリー: Goodnews | コメントする