ワジケルト聖ジョージ修道院@ユダの荒野

今回のイスラエル巡礼で、私にとってもっとも強烈だったのは、ユダの荒野にあるワジケルト聖ジョージ修道院の存在であった。
ユダの荒野は、エルサレムからエリコに向かう途中にある砂漠というよりも岩山というか、木が一本も生えていない岩山の地帯。
アフリカ大陸やアラビア半島の砂漠気候地帯や乾燥地帯の各地にある、流水のない「涸れ川」(かれがわ)、雨季の一時的な豪雨のときのみに水が流れるところを「ワジ」と呼ぶが、ユダの荒野にあるワジの一つがこの地ワジケルトとよばれるところ。ホントに木が一本も生えていない谷底に僅かに緑があるところのがけになんと修道院がある。ギリシャ正教の聖ジョージ修道院である。
考えてみたら、この地はイエスが40日間の修行をして悪魔に試みられたところであり、そのイエスの姿にならって荒野で修行をする修道士たちが現れるのもムリはない。

この修道院がカトリックではなく、ギリシャ正教であるところもまたとてもいいと思う。
ここでどのような修行をするのであろうか?

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA