風評被害の福島野菜の共同購入の呼びかけ

福島県二本松の友人からの支援要請です。

福島への支援のお願いします。と言っても現地への派遣ではなく、「風評被害」を打破すべく福島の野菜を買って頂けないかというお願いです。風評被害で安全な野菜までが売れず、農家も作るのをやめてしまったところもあり、そういう農家に声をかけてもう一度作るよう呼びかけています。『二本松農園』の斉藤登さんの取り組みをご支援いただけないでしょうか。ここには被災者も働きに来ています。「家」と「仕事」を失ってしまった福島県民に希望をください。以下、ご紹介します。
「里山ガーデンファームWEBショップ」_http://www.nihonmatsu-farm.com/
_野菜の放射能検査について、福島県庁農林水産部に野菜を提出して検査し安全確認されたもののみを販売していますので、心配ありません。その報告は上記のブログでも逐一更新していますので、詳細はそれをごらんください。
_特に「きゅうり、ニラ、ねぎ、しいたけ」を買って頂くと助かります。これらは専業農家が作っているものなので、大量生産しています。
_畑から収穫した翌日には発送しますので、新鮮なものが手に入ります。

注文について
_ネットで「里山ガーデンファームWEBショップ」に注文してください。
_教会などでまとめて購入して分配してください。と言いますのは、こちらは一農家が近隣の農家と協力して震災によって始めたネット販売ですので、ネット販売に関しては農家の方が自分たちで発送していますので、まだまだ細かいことまで対応ができない状況だそうです。つまり、時間指定とか、送り先が各家庭になっている
など、細かく分かれているという注文には困ってしまうと頭を抱えておられました。
_教会に土曜日に届けるためには、火曜日までに注文して頂くとスムーズに対応できるとのことです。
_注文を継続して下さると助かります。

以上のような呼びかけです。
教会や学校(はむずかしいかな?)地域の町内会などでぜひ呼びかけてください。私も今度の教会役員会で提案します。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA