逗子市久木の急傾斜地崩壊対策の崖に

hisagi1
hisagi2
hisagi3
hisagi4
 逗子市久木6丁目を歩くとあちこちに急傾斜地崩壊対策工事をした崖が見つかる。そしてその多くの斜面になにやら彫り物が施されている。花や木だったり、魚だったり、いるかだったり、トンボだったり………。
 なぜに誰がこんなことをしたのか。崖にはめ込まれた銘板をみると、平成7年度神奈川県土木部とある。
 そしてその崖に子どもたちがあんぱんまんなどの絵が刻まれているのもなかなかいい。子どもたちも崖面に絵を描きたくなるのも当然だと思う。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

二十四節気とは