萠出浩さんとお楽しみ科学じっけん出前屋

萠出浩著「気分はアルキメデス」(仮説社刊)を読んだ。おもしろかった。世の中にはこういう人もいるんだと感動した。
modashi

この人は「お楽しみ科学じっけん出前屋」である。科学のおもしろさを出前することを仕事にしている人である。
青森県東北町にすんでいる。そこで「科学で町おこし」なることを企てている。
「おもしろ科学たんけん工房」も顔負けの出前メニューの多さである。

この人の実験精神はすごい。
超巨大メガホンをつくったり、風呂に塩をたくさん入れて死海体験をしたり、巨大な知恵の輪を町のあちこちにおいたり………。
この人が科学のおもしろさに目覚めたのは板倉聖宣の「仮説実験授業」だという。
詳しいことはこの本を読むか、この人のブログを読むといい。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA