東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭(鎌倉)

いかにも古都鎌倉そして宗教都市鎌倉らしい企画です。でもこれって画期的なことのような気もします。

鎌倉で「東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭」を超宗教、超教派で合同祈願祭をするというのです。
仏教、神道、キリスト教(カトリックもプロテスタントも)も集まります。
十二所の英神父も加わるとか。

ときは震災1か月後の4月11日、2時半八幡宮に集まって合同で祈祷して、義援金托鉢しながら若宮大通りから由比ヶ浜まで行き、そこでまた海に向かって祈祷するというプログラムです。

そういえば鎌倉はこのところ観光客が減って、閑散としていますが、こんなイベントをして盛り上げようとしているのかもしれません。

どこを探してもこのイベントについての公式ホームぺージがまだないのです。あるのはツイッターだけでした。
「Pray from Kamakura」というのがスローガンらしいですが、主宰者は誰でどういう人たちがこれを企画しているのかもよく分かりません。
友人の一人がこれの企画に加わっているというので、デマでもエイプリルフールでもないようですが、4月1日に公式に発表するらしいです。

しかし、これは参加するに価値ある運動だと思います。私も行こうと思っています。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA