祈り→信仰→愛→奉仕→平和 マザーテレサの名刺のことば

母の葬儀をお願いしたのは、愛光式典という「福音宣教」誌の編集長「りゅうちゃん」のいとなむ葬儀屋さんでした。7年前の父の時もお願いしました。
父の時もそして今回も病院からの搬出を深夜にお願いしなくてはならなかったのですが、いずれも快く対応していただき、とてもありがたく思っています。
おかげで会葬されたかたがたからとてもいい葬儀でしたと感謝されました。

ところで、会葬礼状もりゅうちゃんに頼んだのですが、会葬礼状の冒頭のことば(普通は聖書のことばをいれる)にあえて「マザーテレサの名刺のことば」を入れてもらいました。
次のようなことばです。

沈黙の実りは祈り
 祈りの実りは信仰
  信仰の実りは愛
   愛の実りは奉仕
    奉仕の実りは平和

このことばはつい最近読んだ「カトリック生活」誌2011年12月号に「いのり・ひかり・みのり」の連載第1回の記事の中に見つけたものです。著者は中井俊已氏。

このことばのすごいところは「沈黙→祈り→信仰→愛→奉仕→平和」という「実り」の順序です。この配列にさすがマザーテレサだと感じるのです。
とくに「沈黙」が一番先で「平和」がもっともあとなのですね。普通だと「平和」は一番先に来るかあるいは「沈黙」の次に来るかです。ところがこれが違うのです。
この順序はよくかみしめてみると大きな意味を持っていると思います。
よくかみしめてみてください。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA