カトリック学校の「宗教」の授業

カトリック学校の教員養成塾のホームページに、今年の1月に私がレポートした「宗教の授業 −福音的価値観の授業」を掲載しました。
かなりボリュームのある力作となりました。

皆様にもぜひ読んでいただけたらと思います。この内容はけっして「カトリック学校」だけのものではなく、どなたが読んでもそれなりに感じること考えることが豊かにある内容となっていると思います。でもこういう授業が展開できるのはカトリック学校だけでしょうね。
このブログで紹介してきた内容も結構ありますが………。

その内容は以下の通りです。

福音的価値観の教育 −カトリック学校の「宗教」の授業から

自己紹介

一番最初しかできない不思議な作業

先ず初めにとっておきの Good News

福音の10の特質

倫理科の教科方針とカリキュラム

中1 それで木はうれしかった

中2「何とかしなくっちゃ」ポスターづくり

中3 神さまの話

中3「感動のメディアカタログ」

中3「怒り」という感情

中3 自分がイヤになるとき好きになるとき

中3 イエスのここが好きここがきらい

中3「放蕩息子」をどう読むか

中3 自己発見ワークショップ

高3「アウシュビッツと現代」

高3「愛と性を考える」

終わりに

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

お茶とティー