アメリカの「千羽鶴」の祈り

Digital Catechesis というカトリックの SNS を主催するのは、Sr.Caroline Cerveny, SSJ-TOSFという方で、修道女です。SSJ というのはどこの修道会かわからないのですが。
このシスターのブログに “Paper Cranes for Japan” campaign が紹介されていました。「千羽鶴」を日本の若い被災者を励ますために折るという運動です。

この運動を最も早くはじめたのはハイチの学校だったとか。きっと日本の学校からの千羽鶴を受け取っていたのでしょう。

また広島原爆の佐々木禎子さんと千羽鶴の話しも紹介されています。

さらに「折り鶴の作り方」も紹介されています。

千羽鶴は祈りなのだとあらためて思い至りました。そういえば去年 kumiko という歌手が「祈り」というテーマの歌を紅白で歌っていたのを思い出しました。これはさだこさんと千羽鶴のことを歌った歌でしたね。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA