「17才は一度だけ」の映像を発見

 YouTube ってすごいなって思った。
 私が十七才の頃好きだった女性アイドル歌手の歌が映像とともに残っていることを発見したときに、胸がときめいて、繰り返し繰り返し見て聞いてしまった。
 なぜ十七才なのかといえば、わたしが十七才だったときに十七才を歌った歌が鮮明に今でも残っているからである。一つは西郷輝彦「十七才のこの胸に」もう一つは高田美和「十七才は一度だけ」。この二曲ともにカラオケにはなかった気がするが、それをYouTube で発見したのだ。
 あのころは「純愛の時代」なのである。
 高田美和のみずみずしい姿と端麗なメロディーが描かれている。思わず歌の歌詞を写し取ってしまった。

十七才は一度だけ
 
谷のりんどう  山の百合
枝に鳴いてる  鳥の声
指にちらつく  葉もれびに
ゆれるほのかな むねのうち
十七才は一度だけ 十七才は一度だけ

くさのささやき そよぐ風
水によじれる  白い雲
淡く燃えたつ  恋の芽を
ひとり抱きしめ 歩く道
十七才は一度だけ 十七才は一度だけ

つきのやさしさ 森のかげ
とおくうるんだ まどあかり
耳になじんだ  水車まで
なぜかうれしい 愛の歌
十七才は一度だけ 十七才は一度だけ

高田美和の歌はその他に「わが愛を星に祈ろう」「野菊の墓」などがあった。いずれもとてもみずみずしい。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA