「決める」という字はなぜサンズイなのか?

毎日新聞の木曜日の広告欄に載っている「ことばのサプリ」という軽い詩は、以前にも紹介したことがある。
その11月19日文には次のような詩が載っていた。

決めるということ

小学生の頃 国語の授業で
「決める」という字を習ったときに
「なぜ水と関係ないのにサンズイなのですか?」とたずねた子がいた。
もの静かでセンスのいい女の子であった。
「いい質問ですね。調べてみましょう。」
担任の声でいっせいに
シャラシャラと辞書をめぐる音が
かわいた秋の教室にひびき
「川の堤防が切れるっていう意味があるぞ!」
と誰かが叫んだ瞬間を
この季節いつも鮮やかに思い出す。
決めるということは
字の由来からして
それだけでじゅうぶん劇的なのだ。

私も漢和辞典で「決」を調べてみた。

1.キメル 定める 分ける 判別する 
2.キマル 
3.キメ 取り決め 
4.きれる こわれる 決壊

4番目にありました。これだなと思いました。
でもこれってどうしてなんだろう。ちょっとふしぎな漢字でもある。

このブログのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA