釜石「復興の狼煙」ポスターの「希望」

釜石発の「復興の狼煙」ポスターはすごい。いままで震災後の日本を励ますさまざまなポスターやメッセージを集めて来たが、やはりこれが最も力強く日本を元気にする福音的なメッセージではないかと思う。
これは瓦礫の街や避難所にいる市民の写真に一言のメッセージが添えられただけのものである。そこにはなんの技巧もレトリックもない。でもこの一言のメッセージほど日本人を強く励ますメッセージはないと思うのだ。

「前よりいいまちにしてやる」
「夢は勝つ。必ず勝つ」
「しおれてちゃ男がすたる」

製作したのは「沿岸部の人たちに何かできないか」と考えた盛岡市の広告が医者の男性と同僚有志、友人の都内のカメラマン。3月22日から釜石市で撮影し、感じたままのことばをつけたもの。

私は思わず大枚をはたいて、ポスターを購入した。私の家のまえと教会にぜひ貼り出そうと思った。教会がそれを受け入れてくれるかどうか,今ひとつ心配だが、ともかくそれはそれだけのメッセージをつたえている。多くの日本人を励ます、ちからづけるにこれだけのメッセージ力を持っているものはそうないと思う。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =