なんでこんなに悲しいことが………教皇の答え

前に「なんでこんなに悲しいことが」という日本人少女の質問に、教皇ベネディクト16世がお答えになったことを東京新聞の記事から紹介しましたが、この質疑の全文がヴァチカン放送のホームページに紹介されていました。
それをここでも紹介しましょう。

質問は全部で7つあり、教皇は一番最初に、日本の少女からの質問に答えられた。

この質問は、震災の大きな恐怖と悲しみを訴え、なぜこのような悲しい目に会わなければならないのか、と問うもので、教皇は苦しむ日本の人々に「神は皆さんを愛しておられます」と伝えながら、被災した日本のために祈りと連帯を改めて表明された。

日本の少女からの質問と、これに対する教皇の回答は次のようなものだった。

質問
 私の名前はエレナです。日本人で7歳です。今、私はとっても怖いです。大丈夫だと思っていた私のおうちがとても揺れたり、私と同じ年くらいの子どもがたくさん死んだり、お外の公園に遊びにいけないからです。なんで子どももこんなに悲しいことにならなくてはいけないのですか。神様とお話ができるポープ(教皇様)、教えてください。

教皇の答え
 親愛なるエレナ、心からの挨拶をおくります。
 私も同じように自問しています。どうしてなのか?  他の人たちが快適に暮らしている一方で、なぜ皆さんがこんなにたくさん苦しまなくてはならないのか? 私たちはこれに対する答えを持ちません。
 でも、イエスが皆さんのように無実でありながらも苦しんだこと、イエスにおいて示された本当の神様が、皆さんの側におられることを、私たちは知っています。たとえ私たちが答えを持ち合わせていなくても、たとえ悲しみは残っても、このことは私にはとても大事なことに思われます。
 神様が皆さんのそばにおられるということ、これが皆さんの助けになることはまちがいありません。いつかなぜこうだったかがわかる時さえ来るかもしれません。
 今、大切なことは、「神様はわたしを愛しておられる」と知ることです。それはたとえ神様が自分を知っているように見えなくてもです。いいえ、神様は私を愛してくださり、私のそばにおられるのです。
 そして、世界で多くの人たちが皆さんに心を寄せ、皆さんのことを思い、皆さんを助けるために、何かできる限りのことをしようとしているということを知って、心強く思って欲しいのです。
 そして、いつか、この苦しみが無駄ではなく、そのあとに良い計画、愛の計画があることを理解できる日が来るでしょう。
 安心してください。私たちは、あなたと、そしてすべての苦しむ日本の子どもたちと共にいます。私たちは、祈りと行いを通して皆さんをお助けしたいと思っています。そして、神様が皆さんを助けてくださることを信じてください。その意味で、皆さんに一刻も早く光が訪れるよう一緒にお祈りしましょう。

 これを読んで何を感じられますか?
 「愛である神様が、人間にこのような苦しみと悲しみを、なぜ与えられるのか」という質問には、「私も自問しています。答えをもちません」と率直に述べてはいますが、質問から逃げていると思われる方もいるかもしれませんが、わたしはこの率直さがとてもいいと思われます。
 そして、それでも「神様は私たちを愛していることを知ってください」とも述べています。
 「神様を信じる」ということはこういうことなんですね。

 ついでですが、ヴァチカン放送の日本語ホームページがあるということをこれで初めて知りました。

このブログのトップへ
 

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA