投稿者「itaru」のアーカイブ

教会ホームページの活性化のための10の提案

1.教会が活性化すればするほど、教会ホームページも活性化する。そうでない場合、つまり教会ホームページは活性化しているが、教会は沈滞しているという羊頭狗肉なケースも「あり」。教会ホームページが教会を活性化することもありうる … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

大震災の時に流れた Good News

2019年5月25日京都のカテドラルで京都教区福音宣教企画室主催の役員・広報担当者研修会がおこなわれます。 わたしはそこで「ソーシャル・ネットワークで福音を発信する」というテーマで講演をします。 そのときに「大震災の時に … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

『平和ってなんだろう~「軍隊をすてた国」コスタリカから考える』

Satoshi Nakai さんのfacebook で「読書記録」が紹介されたので、ここでシェアします。 今月の読書記録3冊目! 『平和ってなんだろう~「軍隊をすてた国」コスタリカから考える』  第二次世界大戦後、その紆 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

Siervas シスターズのロックバンド

今、パナマで開かれているWorld Youth Day (WYD) には日本からも代表団が送られている。WYDにはローマ教皇も参加し、100万人規模の参加者が集まるという。このWYDにゲスト出演が予定されているのが、ペル … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「恥」という漢字はなぜ「耳へん」なのか?

漢字のなかにこの字はなぜこういうつくりなのか?という疑問をもつことがある。以前い「虹」はなぜ虫へんなのかという問いをもって調べたことがある。 今回は「恥」という字はなぜ耳へんなのかということをしらべてみた。 そうしたらこ … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

須賀敦子詩集から 「主よ 一羽の鳩のために」

須賀敦子の詩集が発見され、この3月に河出書房新社から刊行されたという新聞記事をよんでさっそくアマゾンに注文した。 その帯にはこう書かれていた。 30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あなた」への魂のことば ― 没 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「福音的おめでたさ」こそわが最良のたまもの(カリスマ)

わたしはよくひとから「あなたっておめでたいひとね」といわれる。ふつうだったらすこしばかにするような意味合いがないわけではないのだが、わたしはなぜかこういわれるとわるい気はしない。むしろ最上の褒め言葉にきこえてしまうところ … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

ユダや独立戦争と原始教会

 このレポートは1995年度後期の上智大学神学講座の「原始教会の形成と発展」(講師百瀬文晃神父)のレポートとして提出したものである。いまここに必要とされていると思うので再録したい。  このテーマと同趣旨の内容をラジオ「心 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「?が!に変わるとき」小国綾子著を読んだ

 鶴見図書館に「?が!に変わるとき」(小国綾子著 汐文社刊2014年刊)という本があったので借りて読んだ。著者は毎日新聞の記者。私は毎日新聞を購読しているのでこの記者のコラムをよく読んで切り抜くことが多い。毎日の女性記者 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

紙皿回し

【遊び方】紙皿を2枚貼り合わせたものに紙コップの底を取り付け、ヒゴでコップの底を引っかけてまわす。 【材料】紙皿2まい、紙コップ、30cmのヒゴ、両面テープ、ビニールテープ 【道具】はさみ、カッターナイフ 【作り方】 1 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする