月別アーカイブ: 2011年7月

ゼームス坂を歩きました。

品川駅から旧東海道沿いにあるいて、途中からゼームス坂に入りました。 こちらの方からいくと緩い上り坂になります。えんじゅの木が街路樹として植えられていた風情のある道で大井町駅まで続いていました。 ここに映像がありました。 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

電動アシストという技術

最近急坂をすいすい登っていく自転車をよくみる。電動アシスト付き自転車である。 この技術を発展させて、電動アシストロボットというのが開発されたという。このロボットはデンマークなどの介護の現場からの注文が殺到しているという。 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

今年はキョウチクトウが当たり年です

すっかり朝顔ジャングルにおおわれそうなわが家です。 三角型の土地の2方が道に面していて、そこに生垣があり、木がうえてありますが、そこも朝顔が覆ってしまって、生垣をからしてしまいそうです。 朝顔を切ることともに、道路までは … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

シンパシーとエンパシー

毎日新聞6月1日の「シリーズ対談…大震災のあとで」で瀬名秀明氏と苅部直氏が対談していた。 その対談の中で瀬名氏がシンパシーとエンパシーについて述べていた。両方とも共感とか思いやりを示す表現であるが、この違いはなかなか意味 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

平松洋子さん「小鳥来る日」の小躍りしたくなる筆致

前回に続き、平松洋子さんの「小鳥来る日」からの長い引用。 今回は「だから雑巾縫いはやめられない」というタイトルの記事。  ミシンに比べると手縫いはとてもいい。手、指、針、糸、布、全部に一体感がある。五者は雑巾を縫うという … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

平松洋子さんの「小鳥来る日」というエッセイの連載が楽しみです。

毎日新聞日曜くらぶに、4月から新しく始まっ連載エッセイ「小鳥が来る日」が掲載されている。 作者は平松洋子さん、私にとっては初めてきく名前なので、調べてみたら「エッセイスト、フード・ジャーナリスト」とあった。 このエッセイ … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

飯豊山(いいでやま)山頂の不思議

飯豊山は日本百名山のひとつだが、この山は不思議な山である。 この山は実は縮尺の大きい地図でみると、新潟県と山形県の県境上にあるが、その縮尺を拡大していくと、この山の山頂付近は実は福島県であることがわかる。 30万分の一の … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

布引山風の高原に風力発電機33基を見た

福島県郡山市湖南町の布引風の高原に行った。 ここには2007年に建設された風力発電機が33基ある。 こんなに間近に風力発電機を見るのは始めてで、33基もあると壮観である。 ここに来て、初めて知ったことなのだが、意外に静か … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする