月別アーカイブ: 2011年3月

東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭(鎌倉)

いかにも古都鎌倉そして宗教都市鎌倉らしい企画です。でもこれって画期的なことのような気もします。 鎌倉で「東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭」を超宗教、超教派で合同祈願祭をするというのです。 仏教、神道、キリスト教( … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

吉川英治「高山右近」の痛快さとはがゆさ

吉川英治が高山右近を主人公にした小説を書いているとは知らなかった。これはおもしろそうと読み出したら、期待通りおもしろかった。吉川英治ならこそのあとを引くおもしろさである。 「高山右近」は著者にとって戦後の沈黙を破る最初の … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

萠出浩さんとお楽しみ科学じっけん出前屋

萠出浩著「気分はアルキメデス」(仮説社刊)を読んだ。おもしろかった。世の中にはこういう人もいるんだと感動した。 この人は「お楽しみ科学じっけん出前屋」である。科学のおもしろさを出前することを仕事にしている人である。 青森 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

大津波と「風・僕の神様」

2009年夏の「宗教倫理教育担当者ワークショップ」でこの歌が紹介された。 「風(ふう)」という歌手の歌で、旅行でスマトラ沖の津波に巻き込まれて家族を亡くした少年の心を歌ったものである。 今回の大震災で思い出したので、Yo … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

明光義塾のちらしの効果

3月24日の新聞折り込みに明光義塾という予備校のチラシが入っていた。 これがけっこうよくできていて、つい妻と一緒に見てしまった。 こういうちらしである。 私はこれを以前駅のポスターで見たことがあった。あのときも「なんだろ … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

いよさんの朝「起きて起こして」

私の母のいよさんは91歳。記憶障害があって3分前のことはきれいに忘れてしまうけれど、とてもかわいい自慢の母である。 私は今この母と一緒に寝ている。いよさんはベッドで私はその下に布団を敷いて寝ている。 朝7時になると、わた … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

「少年讃歌」にアルキメデスの揚水機

「少年讃歌」という文庫本を読み終えた。 天正遣欧使節の4人の少年たちがヨーロッパ各地を訪問しているとき、スペインのトレドである大仕掛けの工事をトゥリアノというイタリア人の設計士に案内されて見に行った。こういう記述がある。 … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

大船渡の山浦玄嗣さんと熊谷雅也さんはご無事でした。

今回の震災で大船渡に住む山浦玄嗣さんと熊谷雅也さんの安否がとても気になりました。 山浦さんは大船渡の医師で、『ケセン語訳聖書」の制作者として有名です。かれの「父さんの宝物」はわたしの宗教教育についての考え方に大きな影響を … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

聖心会の Sr. 鈴木秀子さんのメッセージ

これもチェーンメールの如く、各種メーリングリストの中を流れている goodnews だと思います。 とくに子どもたちが震災関連のテレビ報道を見続けることの問題点の指摘は参考になります。 もしや、どこかでもうご覧になってい … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする

震災ボランティアのお誘い

こういう情報はどんどん流れたらいいと思います。 「不幸の手紙」ならぬ Good News の手紙なのでチェーンメールにしたらいいと思うので、私のブログにも掲載します。 春休みに大学生や高校生はどんどん参加したらいいと思い … 続きを読む

カテゴリー: Goodnews | コメントする