消しゴム「ミリケシ」はなかなかのすぐれものです。

文房具屋を覗くのは楽しみの一つである。何かおもしろいものを発見することが多い。
今日見つけたのは消しゴム「ミリケシ」。5種類(1ミリ、3ミリ、4ミリ、5ミリ、6ミリ)の太さの先幅があって、その幅で消したい1行だけをはみ出さずに消せるのだ。

これの開発販売はコクヨであり、黒と白のハーフサイズのお値段は210円。
よく調べてみるとこれのデザイナーは馬場雄二氏だという。どうりで機能的でありながらデザイン的にもすぐれているわけだ。



さらに驚くのは、消し幅を表す数字は、消しゴムが減ってもなくならないというところである。
ノートにはA罫(7ミリ幅)とB罫(6ミリ幅)とC罫(5ミリ幅)と3種類の罫があって、その罫の幅より1ミリ狭い幅の消しゴムを使うのだそうである。この芸の細かさ。
まさに日本人の開発したものである。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 10 =