東戸塚のあっぱれなトンネル その2

前に東戸塚にある清水谷戸トンネルを紹介した。このトンネルは現役最古のトンネルらしい。

tunnel3このトンネルは東海道線が走っている。上り線と下り線が別々なトンネルになっているが、上りのほうが古くトンネルの断面図が逆U型になっているのに対し、下りのほうは馬蹄形のような形をしているということを前に紹介した。

tunnnel6そういえばこの付近には横須賀線用のトンネルと貨物線用のトンネルもあるはずと思ったので、一昨日の日本語教室のあとにこのトンネル付近に行って写真に納めてきた。

tuunel4先ず横須賀線用のトンネルは、品濃トンネルといい、これも上り下り別々に単線トンネルがある。こちらもそうとうふるそうである。東戸塚側の口は東海道線と横須賀線は別々にあるが、保土ヶ谷よりに出ると横須賀線と東海道線はならんで走っている。

tunnel5もうひとつ貨物線用のトンネルは猪久保トンネルといい、これは上り下り一緒の複線用トンネルである。東戸塚よりの入り口は東海道線とならんであるが、保土ヶ谷よりには貨物線のトンネル出口がない、どこへ消えてしまったのかと不思議に思う。

地図で調べるとその出口は上星川近くにあって、こちらはそうとう長いトンネルである。

このブログのトップへ行く

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =