学校ブランドの非常食福祉パン缶

cannedpan2もとの職場の学校バザーでこんなものが売られていたともってきた。
缶詰のパンである。非常食用のカンパンのようでもあるが、カンパンとは違うらしい。

なんでも学校の福祉委員会が、生徒にイラスト入りのラベルをデザインしてもらったら、何ともかわいいパン缶ができた。
それを1缶500円で学校バザーで売ったら、用意した500個はあっという間に売れたのだそうである。

cannnedpan3こういうオリジナルのレーベルで売るという発想がとてもいいと思う。千葉にある弘済学園の父母の会がはじめ、それを名古屋のライトハウスが缶詰工場を造って製造発売したとか書いてある。
1缶500円は学校の非常食用にするにはこんなラベルは要らないし、ちょっと高い感じであるが、学校の記念のための何かの時に売り出すのにはちょうどいいとおもう。食べたあとほとんどの人は缶を捨てないでペン立てなどに使うであろう。そういうラベルになったらもっといいと思う。

cannedpan1パンはなかなかおいしかった。カンパンのイメージとは違い、ふんわりとケーキのような味わいである。賞味期限は3年のようである。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + twelve =