世界中で「スタンド・バイ・ミー」を歌う

Facebook で友だちが教えてくれたYouTube の動画です。

世界中でこの歌を歌って、それがこういうように一つに合わさって、上演できるっていうことが可能になってきたということですね。
そういえば、前にもこういうYouTube 動画を紹介したことがあったけれど、あれはどこだったっけ?(と自分で作ったブログの検索をはじめるがみつからない。)
たしか、一人一人が歌っている場面を自分でビデオで撮って、それをネット上で合成して大コーラスにするという試みだった。

ちなみにこの「スタンド・バイ・ミー」を製作している playingforchange のサイトを見てみたら、こんなことが書かれていた。

プレイング・フォー・チェンジは、音楽を通して世界を啓発し、結びつけ、平和をもたらそうというマルチメディア活動です。音楽には境界を取り除き人々の間の距離を乗り越える力があるという共通の信念が、このプロジェクトの発端です。たとえ人々が異なる地理的、政治的、精神的、観念的背景を持っていても、音楽にはそれらを超えて人類を一つにする普遍的な力があります。我々は最良のレコーディングスタジオが備える機材を使って持ち運びのできるスタジオを作り、音楽に導かれるままに旅に出たのです。

このプロジェクトを通して我々はやがて気づきました。我々がこの音楽を記録し世界と分かち合うだけでは事足りない、我々に与え続けてくれたミュージシャンたちとそのコミュニティに恩返しをしなくてはならないと。そして2007年その使命を果たすべく、我々は内国債入庁の規定する501条(c)項(3)号団体としてプレイング・フォー・チェンジ基金を立ち上げました。

こんなこともできるようになったんだとあらためて、感激しました。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 5 =