ベンジャミンの実について

今札幌の弟の家に母のいよさんと一緒に来ている。
札幌の今頃は紅葉が鮮やかでとても美しい。東京や横浜の紅葉とは比べ物にならないくらいである。
Benjamin
ところで、弟の家のベンジャミンの木にうすい赤色の実がついていたのに気がついた。そういえば毎月行く湯河原商工会館にあるベンジャミンにも実がついいていたっけ。
ベンジャミンはどんな花をつけたの?ときくと、どうも花はつけなかったらしい。よく見ると若い枝の先に次の年に実となる緑色の小さな実がついていて、これがそのまま大きくなるらしい。

それで「ベンジャミンの実」について調べてみた。

ベンジャミンはクワ科イチジク属で花は雌雄同株でこの属特有の隠頭花序を持っています。
隠頭花序とは袋状の花托の内側にきわめて小さな花が実の中に無数に咲くので外観からは分からないです。
漢字でイチジクのことを無花果と書きますよね。
イチジクは花は咲いても普通の花弁のような花ではなく実がそのまま付いたように見えるので昔の人は花と気づかなかったため無花果と書いたのかもしれません。
ゴムノキやガジュマルも同属ですので同じように隠頭花序が出来ます。
隠頭花序は株が充実しているときに出来ますのでyurari-yurarikoさんのベンジャミンは株が成熟して子孫を残せる処まで充実していることの証拠ですのでとても良いことですよね。
可愛がって上げて下さい。

ベンジャミンがイチジクの仲間だというのは意外な感じがする。
このベンジャミンは結婚してすぐに買ったものだから、32年経つという。実をつけるほどに十分に成熟した株であるということか。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 7 =