Flash Mob は「世界を変えるゲーム」だよな。

前に述べた「幸せはゲームが作る」という本の影響からか、どうもそういう視点で世界を見るようになると、そういう運動が結構存在することに気付く。
その代表は「フラッシュモブ」という運動ではないだろうか。フラッシュモブというのは、インターネット、特にEメールやFacebook などのSNSを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為のことをいう。

前にいくつか紹介した。
フードコートでとつぜん「ハレルヤコーラス」が始まった
駅で楽器を持った人が少しずつ集まりだし、オーケストラが始まった

やはり圧倒的に多いのは、ダンスであろう。つい最近知ったのは

ベルギーのアントワープの駅で歌われた「ドレミの歌」である。とにかく周りにいた人を巻き込んで歌と踊りをできるところが素晴らしい。

このブログのトップへ

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + five =