キンモクセイの香る季節の街

DSC04414 お彼岸がすぎて彼岸花が終わるとキンモクセイの季節です。花よりも匂いが先にその花の存在を知らせます。まわりを見ると必ずオレンジ色のキンモクセイが咲いている。そしてその花の咲いている木の下はオレンジ色の絨毯です。

 キンモクセイは雌雄異株であるが、日本にはなぜか雄花しか育たないということは前に書いた。雄花しかないので、受粉もせず実もならず種もできない。挿し木で株を増やしていくので、みな同じ遺伝子構造をもつクローンなのだそうである。

 それにしてもこの花が散ったあとのオレンジ色の絨毯も美しいと思う。こういうふうにみごとな絨毯を樹下にしく花はほかに何があるだろうか?
DSC04415  そういえば、まえにブラシノキ樹下の絨毯を紹介したことがある。

カテゴリー: Goodnews パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =